今日の花は?

四季を通じて色んな花との出会いに ワクワク、さ~て今日は、どんな花に..?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信州(馬籠)で見た花

IMG_1630-ss.jpgIMG_1618-ss.jpg

馬籠の坂を上がると綺麗な花が沿道に、我々を出迎えてくれた・・・
綺麗なユリに思わずシャッタ-、あとの花名は?6月23日撮影ちゆきさんから、教えていただきました。花名「アスチルベ」 ユキノシタ科、花期:晩春~夏 遠くから見ると結構目立つ花ですが,一つ一つの花は小さい。そのためか,アスチルベというのはギリシア語で「輝いていない」という意味だそうです。結構輝いてるけどなぁ。。。。
スポンサーサイト

八島湿原の花々

霧ヶ峰の八島湿原では沢山のカメラマンが大きな三脚をかついで熱心に撮影する
姿がめにつきましたがこの湿原の広さには圧倒されました。
今年はじめてみた、ニッコウキスゲ又あやめ、など等・・・
IMG_1953-s.jpg

IMG_1925-ss.jpgIMG_1948-ss.jpg

IMG_1918-ss.jpgIMG_1952-ss.jpg

※4枚はクリックすると拡大表示します。6月26日撮影

信州で見た花

IMG_1859-s.jpg
IMG_1864-ss.jpgIMG_1878-ss.jpg
旅先の信州も、各地で花が見頃です。
この丸い花は?初めて実物をみました。
名前はアリウム ギガンテウムでタマネギ(球葱)やネギ(葱)などと同じネギの仲間(アリウムというのはニンニクを指すラテン語)ですが,1 メートル近い花茎の先に大きなきれいな花を球形につけるそうです。
花辞典より もう一つは「キんシバイ」でキラキラと、輝くような感じが綺麗でした。連れもサラダ街道で。6月25日撮影

ランタナ

deji42s.jpgdeji49s.jpg

ランタナ
別名:シチヘンゲ(七変化)コウオウカ(紅黄花)花期:夏~秋
 花は咲いてから時間が経つに連れて黄色からだいだい色,赤へと色が変わります。このため,シチヘンゲ(七変化),コウオウカ(紅黄花)とも呼ばれます。
今、アチコチで満開非常に繁殖力が強く選定しないと伸び放題

アガパンサス

nango011s.jpgIMG_1307s.jpg

この花が...先日蕾だったのに~!今、隣の公園で満開です
aga.jpg

スイカズラなど

※スイカズラ(左)林のへりや草原でよく見られる花です。
つる性の半落葉小低木で茎は右巻に物にからみつきます。花は2個づづ並んで咲き初めは白いが、のちに黄色になる。
※もう一枚は..これもよく見る花「宵待草(よいまちぐさ)」と呼ばれますが,ほんとうは「待宵草(まつよいぐさ)」です。竹久夢二の「待てど暮らせど 来ぬ人を 宵待草の やるせなさ」がこの通称を広めたのでしょう。でもツキミソウと似てますね~
situgen021s.jpgsitugen024s.jpg
高鍋湿原にて撮影05.05

何の花?

dorai64s.jpgdorai01s.jpg

いつも撮るばかりで、花名が?あとで調べるのも楽しみと
思えばいいけどネ....
花辞典片手に、メモメモ 右はキキョウ?
左の花わかりました⇒ヤナギハナガサ
 南アメリカ原産です。
 長い茎を出し頂上に小さな花が集まって咲きます。
※撮影場所 ゆ~とぴあ&魚幸

今日の一枚は?

キャットテイル ちょっと小粋な名前ですね。花穂の咲き始めはそうでもないのですが,全体が咲くと猫の尻尾みたいに見えます。ただ,薄汚れたドラ猫の尻尾にしか見えないのですけどね。
この花も今、見頃でした、そう言えば..うなづける名前だね
オギザリスの花はどこでも、有りそうですが、これは 葉っぱが違うでしょう?ちょっと珍しいんですよ~
ムラサキカタバミ(紫片喰)の園芸種です。花の色はピンクや白。いろいろと品種が多くて,正確な名前がわかりません。
奥の実家での花でした(;´Д`)



deji19s.jpgdeji47s.jpg 

この葉っぱの形?

奥の実家に行ってみたら夏の花が沢山咲いて、目の保養をさせてもらった、黄色い花はルドベキア。
面白いのはこの葉っぱ?周囲のノコギリの刃、見たいにギザギザが珍しいです。
deji32s.jpgdeji36s.jpg

deji35s.jpg
はてこの花は??です(;´Д`)汗汗、自然木を利用した器?は周囲にもマッチしてとても良かったネ♪、花名はハマナデシコでした、ちゆきさんありがとう




亜熱帯の花シリ-ズ

亜熱帯の面白い花シリ-ズです。今回はこの画像
日南の南郷トロピカルド-ムから、この天狗の鼻の花は?05.06.04撮影


【アンスリウム  】サトイモ科
 学名:Anthurium(サトイモ科アンスリウム属の総称)
 別名:オオベニウチワ(大紅団扇)
 葉を見ると里芋の仲間であることがわかります。また,花のイメージはずいぶん違いますが,よく見るとカラーやスパシフィラムとも似ていることがわかります。生け花(というか,フラワーアレンジメント)によく使われますね
 
nango083s.jpg

【ペンタス】このペンタスの語源は penta (五)で,花弁が五枚あるからです。
 


山野草

dorai03s.jpgdorai10s.jpg
先日、霧島の山で見かけた花、今日はヤマボウシ、オカトラノオの紹介です。

オカトラノオ(丘虎尾) たくさんの白い花が穂のようにつき,頭を曲げる特徴があります。このような花のつくものには「○○トラノオ」という名がつけられることが多いようです。

ヤマボウシ(山法師)アメリカハナミズキと似ていますが,花(本当は花ではなく総苞)の色が白のみであることや,総苞の先がとがっているとか,実の形が違うなどということから見分けられます。アメリカハナミズキは 4 月頃に花が咲きますが,ヤマボウシはそれより 1 カ月くらい遅れて咲きます。街路樹として植えられていることもあります。

山之口の紫陽花

平成17年6月12日は昨年に引き続き、偶然にも同じ日に紫陽花の見学に行った。

宮崎県南部に位置する山之口町の「あじさい公園」は28000株21種あり、とても見応えがあります
この「あじさい公園」は 
 総面積・6.9ヘクタール(21,040坪)
 開設・平成6年6月3日
 、その大きさは圧巻です。あじさい日本一の郷を目指しております。入場無料
※写真左下→おたふく紫陽花
パノラマも作成しましたごらんくださいませ。

dorai38s.jpg
dorai134s.jpg

photo006s.jpgdorai41s.jpg

ひまわり

dorai84s.jpgdorai166s.jpg

今年の初見のひまわり、宮崎は山之口の畑で発見!暑い夏はもうそこだよ~!12日のデジカメドライブより

亜熱帯の花シリ-ズ2 これも花?

左の花は「ウナズキヘリコニア」
バショウ科.原産地 中南米。鮮紅色で花のように見えるのは花筒で花はその中にあり目立たない


右の花は「アリストロキア・ギガンテア]多くは葉の腋につき、花弁がなく、花弁状のがくがパイプ状などの変わった形になり、微妙な模様が好まれて鑑賞用に栽培されます。ブラジル原産の大型のつる性で、高さ数mになり古い茎は木質化します。

nango092s.jpgnango064s.jpg

昨日に引き続きシリ-ズものです。花にもいろいろあるものです

亜熱帯の花シリ-ズ(これも花?)

nango013s.jpgnango075s.jpg
えっこれが花?と思わせるのが亜熱帯の花、珍しい形をした花でしょう?名前が...?
左の花はグレヴァレア”ハニージャム
右は不明?(南郷トロピカルド-ム)

高鍋湿原(宮崎県児湯郡)

situgen016s.jpg
高鍋湿原に行ってきた、ヘビノボラズ(蛇登らず)、ガマズミと(下の写真)おもしろい名前が揃ってました。この湿原8月のサギソウが待ち遠しい~高鍋湿原では、日本でも数少ない希少な植物及び昆虫を観察することができます。自生している植物は、サギソウ、モウセンゴケ、ミミカキグサ、ヘビノボラズなど約300種。大陸系の寒地性の植物が多いのが特徴で、南限といわれる植物も多数。昆虫では、国内で最も小さいトンボハッチョウトンボのほか、ハラビロトンボ、コシアキトンボなど数多くのトンボが飛び交っております。
situgen029s.jpgsitugen006s.jpg
ガマズミ(左)とヘビノボラズ(右)

※写真上でクリックすると拡大表示します。

南国の花(私の散歩道から)

南国宮崎の花といえば、ハイビスカス、ブ-ゲンビレアのイメ-ジいま、私の散歩道の大淀川の橘公園にはハイビスカスとブ-ゲンビレアの見頃を迎えている、ブ-ゲンビレアも大きくなるとこんな⇒写真の様に成長します、まるでジャックと豆の木?
deji15.jpg"border="0"

フェイジョア

nango102s.jpg

 別名の示すように,果肉はパイナップルのような香りがあるそうです。生のまま食べることもできるし,ジャムにすることもできるということです。
 花弁は 4 枚で,外側は白い綿毛で覆われ,内側は紫色です。開花後に花弁は内側に丸まり下の方に反ります。たくさんの赤い雌しべがきれいですね。
 学名:Feijoa sellowiana
 別名:パイナップル・グァバ
 花期:晩春~初夏

日南:南郷道の駅上、トロピカルド-ムにて撮影05.06.04

花の競演

1266.jpg

今、近くの大淀川堤防沿いにランタナとアジサイ
競演している。共通なのはどちらも、色が変化する。どちらも
負けるな~!別名(ナナヘンゲ)

ミヤマキリシマあっぷ

kirisima090.jpg

ミヤマキリシマの目が覚めるような輝き

霧島の花 

6月5日霧島縦走(6時間の歩き)で出会った花達の一部です。
天候はイマイチでしたが歩き初めから最後まで花花花でした。
ヤマボウシ、ドウダン、コガクウツギ、ミヤマキリシマ...

5.jpg

1.jpg

3.jpg

4.jpg


ハナチョウジ

nango058s.jpg

日南の南郷道の駅でいっぱい咲いてました。
珍しい花、ハナチョウジ※学名 Russelia equisetiformis (ゴマノハグサ科)メキシコ原産。 高さ約1mになる常緑の低木である。

ジャカランタ

nango047s.jpg

今日は日南の南郷にジャカランタ祭りに行ってきました。
でも見頃はあと...10日後でしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
;;