今日の花は?

四季を通じて色んな花との出会いに ワクワク、さ~て今日は、どんな花に..?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山の花シリ-ズ(マイズルソウ)



常念岳~蝶ヶ岳の中間で撮影(2005.07)
マイズルソウ
山地から亜高山帯の針葉樹林の中に、普通に見られる。ハート形の葉を持ち、これが二枚広がった姿が鶴に似ていることから、名付けられた。
スポンサーサイト

高山の花シリ-ズ(ミヤマトウキ)



よく見かける花、ミヤマトウキ(セリ科)

セリ科の見分けの難しいのの登場です。と、いっても、落着いて、葉っぱの形、全体の大きさ、茎の色や、生えている場所などで総合的に判断すれば、正確に判断できますよ。このミヤマトウキですが、漢字で書くと、深山当帰と書き、漢方薬です。この特徴は、下葉が、2回全裂することです。間違えやすいのは、ハクサンボウフウですが、ミヤマトウキの場合、葉の付け根が膨らんでいるので、ここで見分けます。またこの写真は非常に赤みが強いですが、やや茎が赤っぽいです。レースのようなきれいな模様です。花サイトより

扇沢で...
2005.08撮影

高山の花シリ-ズ



タカネツリガネニンジン(高嶺釣鐘人参)
ツリガネニンジンの高山型で、ツリガネニンジンよりも花序の小枝が短いのが特徴です。また、花冠の形が、ツリガネニンジンが鐘形なのに対し、タカネツリガネニンジン(別名ハクサンシャジン)は広鐘形です。裂片は三角状で反り返っています。写真の2~4枚目では裂片は2枚目は6裂、3枚目は8裂、4枚目は5裂しています。「2005.8撮影:遠見尾根」

高山の花 カライトソウ(バラ科)(唐糸草)

IMG_4342-s.jpgIMG_4341-s.jpg


カライトソウ(バラ科)は五竜アルプス山野草園にて沢山見かけた。
本州中部の高山帯に生える高さ 30~100cmの多年草。分布は北アルプス北部から滋賀県三国山までの亜高山帯~高山帯の砂礫地、岩壁、草地に成育している。小葉4~6対あり、長さ4~6cmの楕円形~長楕円形。花序は長さ6~10でたれ下がる。花は紅紫色。雄しべは6~12個。朝日岳では夕日ヶ原の群生が素晴らしい。和名は唐糸草。唐糸は中国から渡来した絹糸のことであり美しい花糸をそれになぞらえたもの。花期は7~9月「花サイトより」  撮影 05.08

高山植物シリ-ズ

強調文
鮮やかな赤い実をつけた「コケモモ」、遠見尾根は地蔵の頭、過ぎ辺りで歓迎してくれた。コケモモは、ツツジ科の常緑低木で、幹は直立して少し分枝し、高さは10センチくらいです。
葉は、密につき互生(ごせい)し長さは1~2.5センチの長楕円形か倒卵形(とうらんけい)で、先は丸く全縁(ぜんえん)です。葉の縁が少し下の方に巻き込んでいて、乾燥するとさらに巻き込むようになります。
花は、6~7月ころに、枝先に短い総状花序(そうじょうかじょ)をつけ、紅色がかった白色の鐘状花(しょうじょうか)を数個つけます。
果実は、直径10ミリくらいの球形の液果(えきか)で赤く熟します。
花サイトより

高山の花(ヨツバヒヨドリ)四葉鵯



北アルプスは遠見尾根で見かけた花です。
このヨツバヒヨドリは北海道と本州中部以北の山地に生える多年草。
高さ1メ-トル前後で茎は強靱、長楕円形の葉を通常は4枚輪生する。
晩夏、茎頂に大きな散房花序を出し、淡紅色または白色の小さな頭状花を多数密生する。 2005.8撮影

高山の花(テガタチドリ)手形千鳥 .ラン科

tegatatidori.jpg

蝶ヶ岳から常念岳へのル-トで見かけた花で、テガタチドリは根茎が平たく肥厚し手形となる。花は小さいが多数穂状に着き、花色の濃淡に差が大きい。ラン科には千鳥の名がつく植物が多い。夏の終わりに多数の種子を散布する(花サイトより)


高山の花 ヤマブキショウマ

IMG_2868-s.jpg

この花ヤマブキショウマは北アルプス表銀座コ-スの蝶ヶ岳ちかくの蝶槍付近と合戦小屋過ぎて見かけました。
低地~高山帯の林縁、草地、岩場などに生え、茎の高さは30~100センチ。雌雄異株。枝分かれした円錐
花序に、白色の小さな花を総状に多数つける。葉は2回3出複葉で、小葉は卵形で、先は尾状にとがり
欠刻と鋸歯がある。トリアシショウマに似るが、見分けるポイントは葉が2回3出複葉であること。花サイトより

撮影 2005.07

高山の花(ハクサンチドリ)

IMG2846ha-s.jpg

おっ・・と目を見張るような綺麗な輝きをもった花は
ハクサンチドリ和名は白山千鳥で石川県の白山で発見され
千鳥の飛ぶ姿ににていることからつけられました。
ランの花は飛ぶ鳥に見たててつけた名が多い。花辞典より
花期 6~7月  北アルプス表銀座コ-ス  (蝶槍付近で 撮影 2005.07)

高山の花(グンナイフウロウ)



常念岳から蝶ヶ岳の中間にある蝶槍付近に高山植物の宝庫がある。
そこで見かけた「グンナイフウロウ」花は白色から紅紫色と変化がある。山梨県の郡内で見いだされた事からこの名がある。(花辞典) 2005.07撮影

高山の花(シロバナハナニガナ) 和名(白花苦菜)



シロバナハナニガナは、五竜遠見尾根で見かけた。
ニガナに似るが、舌状花が8-10個で白花のものをいう。和名は「白花苦菜」
苦菜のある乳液をふくんでいることから...。
花名も調べてみると面白いものです(;´Д`)  撮影2005.08

高山の(ヤマホタルブクロ)



後立山連峰の冷池山荘手前1キロ?の場所で群生を見かけた
ヤマホタルブクロです。

高山の花(ミヤマオトコヨモギ)

otoko.jpg

ミヤマオトコヨモギは高山の岩場や砂礫地に生える。ヨモギの仲間としては大形の花である。
西鎌尾根沿いで見かけた 2005.07撮影

高山の花(イワカガミ)

IMG_2520-s.jpg   おなじみの「イワカガミ」亜高山から高山の岩場や日当たりのよい草地に生える、今回の北アルプス歩きでもアチコチで見る事ができた。
岩場に生え葉に光沢があり、これを鏡と見たてて付けられた名前だそうである。双六岳への稜線、西鎌尾根でよく見られた。 撮影2005.07

iwaka6-s.jpg

高山の花(シオガマギク)

20050910045147.jpg

高山の花シリ-ズ、今回は「シオガマギク」双六岳の下山、鏡平小屋過ぎて暫く行くと
水場がありその周辺に沢山の群生を見かけた。シオガマ(塩竈)とは海水を煮詰めて塩をつくるかまどのこと。塩竈を"浜で美しい"と言うことから "葉まで美しい"にかけた名前だと言う。
そんな名前を貰うだけあって花も葉も美しい花だった(花サイト)

高山の花(オンタデ)  (タデ科)和名[御蓼]

IMG_3410-s.jpg

高山の砂礫地に生える多年草。ウラジロタデの変種で同じようなところに生える。
西鎌尾根で沢山の群生を見かけたオンタデ
似た花にウラジロタテがある。
葉の裏側で区別するそうである。どっちがどっち?
オンタデの名前の由来は木曽御岳で発見されたことからついた。

山地の花(タマガワホトトギス)

021-s.jpg
双六岳からの下山途中の「わさび平小屋」近くで発見、よく見ると
普通のホトトギスの花と形は同じでも色合いが全然違う。京都の玉川にあやかった名とされている。05.07.31(撮影)
IMG00s.jpg

高山の花(イブキジャコウソウ)

sg01.jpg

岩に張り付いた様に咲くこの「イブキジャコウソウ」は槍ヶ岳から双六岳、稜線である西鎌尾根で群生を見かけた。
花名は
伊吹山に多ので付いたとか。本家ジャコウソウ(麝香草)が1mにもなるのに比べ、地面に這うように育つ、背の低い高原、高山植物。
麝香の匂いがするそうですよ(^^)/

高山の花(ミヤマアズマギク)和 名:深山東菊

IMG_4413-s.jpg

五竜遠見尾根で沢山見た、平地でもあるような花ですが
名前は「ミヤマアズマギク」平地や草原に咲くアズマギクの高山性の変種です。
高山の礫地や岩壁などに生える。

高さ10-20センチの紫褐色の花茎を伸ばす。
頭状花は直径3-4センチ。アズマギクに比べ全体に小型で毛が少なく、
果実の冠毛が白い(アズマギクは赤褐色)ことで区別する。
撮影2005.08

高山の花 ミネウスユキソウ(キク科)



このミネウスユキソウ槍ヶ岳から双六岳間の西鎌尾根でみかけた。
ヨーロッパのエーデルワイスに近い種に当たるというのは、もう皆さんご存知のはず。
ウスユキソウの名は、全体的に毛が生えていて、薄く雪をかぶった感じがするところからです。

高山の花(ヤマハハコ)

IMG_4573-s.jpg

八峰キレットを過ぎた稜線で見かけました。
この花(ヤマハハコ)も北アルプス歩きで、時々見かけましたσ(^_^;)

高さ30~60cmになり、白い綿毛に覆われる。
葉は互生し、長さ6~9cmの線状披針形で無柄。
頭花は枝先に散房状に多数つく。総苞は球形で、長さ5㎜ほど。総苞片は乾いた膜質で光沢があり、白い花びら状。
日当たりの良い山地の草原に生える多年草で、地下茎がのびて殖える。


IMG_4438-s.jpg

高山の花(ワレモコウ)



この花はアルプス、遠見尾根の登山口で沢山みかけた。
昔から広く親しまれている山野草の一つ、といっていい。平地から高山まで幅広く生えるバラ科の多年草。高さは30センチから1メートルになる。花は7月から11月にかけて1、2センチの楕(だ)円形の赤紫色の花をつけるが、これは花びらのない小さな花の集まりだ(花サイト)

・秋の高原で咲く。
・暗赤色の丸い花穂がおもしろい。
丸いダンゴのよう。
※花言葉は「愛慕」(吾木香)
「吾木香」
わが国(日本)の木香の意で、
根が木香に似ているから。
ここでいう「木香」とはインド原産の
菊科の根のことで、強い芳香があり
健胃剤、防虫剤としても使われる。

高山の花(クロトウヒレン )

IMG_4414-s.jpg

クロトウヒレン 和 名:黒唐飛簾
北アルプス「五竜遠見尾根」で群生を見かけた、最初は花柄?と
思ったが調べてみると、この黒いのは、花の「つぼみ」だそうである。

シラネアザミの変種で、
亜高山~高山帯の日当たりのよい草地に生える多年草。
むらさき色の小さな花を茎の先にかためてつける。
高さは30~60センチぐらいでしばしば群がって生える。
葉はハート形で柄があり、ふちはギザギザしている。

ヒレンは飛簾の意味でヒレをさす。同じキク科
のヒレアザミに似ていて、外来種のような感じがするところから唐ヒレンの名があり花の色が黒みをおびているのでクロトウヒ
レンという。ふつうのトウヒレンは本種より背が高い(花サイトより)

高山の花(オタカラコウ)

IMG_2888-s.jpg
オタカラコウ(雄宝香)
山奥の湿地や谷川のあたりに多い大形の多年草。根の香が、防虫剤に使われる宝香に似ていることから名づけられた。

IMG_2885-s.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
;;