今日の花は?

四季を通じて色んな花との出会いに ワクワク、さ~て今日は、どんな花に..?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山野草(ヤマハッカ)

aso228.jpg

今日の花も阿蘇の清水峠への林道沿いで見かけた。
花名はヤマハッカ和名は、山に生えるハッカの意味であるが
ハッカとは別属で香気はない。山野の日当たりのよい草地や林縁などに普通に生え、高さ0.4-1メートルで葉は対生し、長さ3-6センチの広卵形。長さ7ミリほどの青紫色の花を穂状につける。ハッカと違い、葉をもんでも香気はほとんどない。この仲間は似たものが多いが、葉脈は鋸歯が目立ち、葉柄にひれがあることや花冠の上唇が4裂して立ち上がることで他と区別できる。花辞典より
花期:9-10月  分布:北・本・四・九
スポンサーサイト

山野草(ヤマラッキョ)

ヤマラッキョ最初、野山で見たときはなんと華やかな花だろう?何の花かなと思った。阿蘇では、たくさんの群生が見られた
和名はラッキョウに似た球根をつけることによる。山地の草原に生える多年草で、9~11月、紅紫色の花を付ける。秋の終わりを告げる花である。このヤマラッキョウの鱗茎は食べない


aso033.jpg
※クリックすると拡大表示します。

山野草(ノコンギク)

aso119.jpg
※クリックすると拡大表示します。
野山に行けば何処でも見られるノコンギクは逞しい...
 ノコンギクは「野にある紺菊」の意味で、本州、四国、九州に自生するヨメナに似たアスター属の植物です。花弁(舌状花)は紫色、花芯(筒状花)は黄色で、清楚な感じがする花です。草丈は50~60cm程度。
 阿蘇、九重連峰の山で撮影

山野草(リンドウ)

kujusan168.jpgaso037.jpg

今の時期、山歩きすると、たくさんのリンドウの群生が見られる、スカッとしたブル-に疲れも和む♪
日に当たると見事なブル-の花を咲かせる。春、秋、フデリンドウと
咲く時期場所によって色々種類も微妙に違う。
漢字では“竜胆”と書きます。 これは根が胆汁のように苦く、それも竜(最上の意味)のようだということから : 阿蘇、九重連峰にて撮影

山野草シリ-ズ(ナギナタコウジュ)



この花名も面白い「ナギナタコウジュ」日本全土の山地、野原の路端を問わず至る所に見かけられる1年草で、草丈30~60cm、葉は対生し葉柄があり、卵形または長卵形で3~9cmほどで、縁が鋸状になっています。茎はシソ科特有の四角柱状で分枝し、茎頂と葉腋に長さ 5~10cmの太い花穂を出し、片側に反る小花を密に咲かせます。全草に心地良いほのかな香りをもっています。

名前の由来は、漢方の”香需(コウジュ)”(Elsholtziae Herba)に当て、花穂が薙刀(なぎなた)のように反り似ることから、このふたつを合わせ、ナギナタコウジュと名付けられたといいます   ※花サイトより    阿蘇、清水峠への林道にて撮影

山野草(アキチョウジ)

aso237.jpgaso224.jpg

※クリックすると拡大表示します。
アキチョウジは丁子に似た花で秋に咲くことからつけられた名前です。
筒形で胴長の花の形は独特である。花は青紫色、花に日光があたると透けるように輝き実に美しい(^^)/ 阿蘇外輪山清水峠への林道にて

山野草(ミカエリソウ)  ※クリックすると拡大表示します。

yatake052.jpg  
今年はこの花をたっぷり堪能することが出来ました。
矢岳にちょうどタイミングよく満開でした山頂付近一帯は、すごい数の群生が見渡す限りに咲き誇っていました。ブラシにも似たミカエリソウ和名(見返り草
花が綺麗で思わず振り返って見たくなるような感じから、つけらた花名は面白い。

yatake051.jpg
yatake069.jpgyatake055.jpg

山野草(ミズヒキソウ)

maehira007.jpg
※クリックすると拡大表示します。
どこにでも有るミズヒキソウ(水引き草)
なのに、しみじみと眺めた事は無いが..
この花は上から見たら紅く、下から見たら白い花が見え、まるで
ミズヒキのように見えるところから紅白の水引を連
想して名前がつけられたそうです(;´Д`)
前平山への林道にて(2005.10.16)

山野草シリ-ズ(アケボノソウ)

珍しいアケボノソウにであった、花は9~10月頃に咲く1~2年草。草丈は60~90cmくらい。
草原や草地の湿ったところにで見られます。曙草(あけぼのそう)は、星形に開いた白っぽいクリーム色の花びらの先に緑紫色の小さな点が散り、それより中央部寄りに黄緑色の丸いもようが2つあります。これらの点や模様を明け方の星に見立てて、その名がつけられたと言われます
素敵な名前ですね♪<場所は阿蘇の外輪山は清水峠へのル-トにて>
●写真をクリックすると拡大表示します。






山野草シリ-ズ

maehira103.jpg
先日16日の田野町の前平山の登山ル-トで
色んな花を見かけたが、下山後に見たハギと薬草でお馴染みのゲンノショウコ名前の由来は、「根苗ともに粉末にして一味用いて痢疾を療するに効あり、故にゲンノショウコと言う」という記述があります。そのことから「現に良く効く証拠」に由来しています。

山野草シリ-ズ(センブリ)



センブリの花がこんなに綺麗とは...以前はこの山野草を日陰で干して湯飲みでよく飲んだものであるが、苦くて最初は抵抗があったが慣れるまでが大変でした。
センブリの名は「千振り」で、熱湯の中で千回振り出してもなお苦味が残るということから名付けられた。 また、当薬とも言われるが、この当は「当(まさ)に~すべし」で、当に薬とすべし、当に薬になるという意味。 センブリは日本民族が独自に開発した民間薬の代表的なものである。阿蘇の山で見つける2005.10

散歩道の花(コバノセンナ)

de377.jpg

コバノセンナは、南アメリカ原産の豆科カシア属の木本で、毎年10月から12月にかけて咲き、宮崎では日南海岸の堀切峠から、サボテンハーブ園にかけて黄色の花を咲かせる。最盛期はまさに黄金の海岸だ。
 葉がつるつるとした植物で、このような葉は、潮風に強いといわれる。海岸に多く自生しており、葉が光って、水はけがよいのが特色である。
 コバノセンナをはじめ、豆科の植物は、自分で空気中から窒素を吸収して肥料を作ることができるので、海岸沿いの砂地や荒地でもよく育つ。
 写真は宮崎大淀川の堤防沿で撮影2005.9

山野草シリ-ズ(ナンバンギセル)



ナンバンギセルは主にススキの根に寄生するハマウツボ科の1年生草本です。葉は退化しており、自らは光合成する能力はありません。

このような植物にとりつかれたススキはいい迷惑でしょう。
 茎はごく短く、地表面付近にあります。茎から何本かの高さ20cmほどの花茎をのばし、その上に横向きに花を咲かせる姿が、

南蛮の煙管(パイプ)を思わせることからこの名前が付きました。
 恐らく少ない植物ではないと思いますが、花の時期しか姿を見せないことと、背丈の高いススキの中に埋もれて花を咲かせるので、見つかることが少ないのでしょう。花辞典より 撮影2005.10.16田野町

山野草 ギンリョウソウ(銀竜草)




今、全国どこでも見られ珍しくもないが
和名の銀竜草の由来: 全体の姿を竜に見立て、白銀色をしているところから。白っぽい姿から幽霊が連想され、また緑の葉がないのでキノコに見えるところから、ユレイタケ(幽霊茸)の別名がある。

生育地・特徴等: 暗い林中の腐った木や枝葉につく腐生植物。茎は直立した円柱状で、葉はすべて鱗片になり、10~20個互生する。茎の頂部に筒状鐘形の花を1個だけ下向きにつける。萼片は1~3枚で鱗片状。花弁は3~5枚で肉質。果実は卵球形の液果。
花期: 6月中旬~7月中旬 草丈: 5~20 cm程度 花辞典より
 なお秋に咲くアキノギンリョウソウもある。 2005年7月 蝶ヶ岳下山中に撮影

高山の花(キクバクワガタ)



キクバクワガタ特徴】
・葉は卵状三角形~長楕円状披針形、やや肉質で羽状に中~深裂する
・花は穂状に多数つき、下から咲く
・花冠は花びら状に4つに裂け、2本のおしべが長く突き出る

時期は:6~8月、山地の礫地


名前の由来は葉の形が菊の葉に似ているためにキクバ(菊葉)、クワガタとは兜(かぶと)についている角(つの)状の飾りを意味する鍬形からきています。
撮影 2005.08 鹿島槍ヶ岳付近にて

高山の花 ナナカマド(七竈)

IMG_2519-s.jpg
北アルプスの燕山荘手前で沢山の群生が見られた。
ちょうど満開のおなじみのナナカマドです。
山地帯~亜高山帯の林内に生える高さ7~10mの落葉高木。
灰色を帯びた暗褐色の樹皮をもつが、枝は濃紫紅色で全体に毛がない。
7回も竈に入れても焼け残るという程、
材が燃えにくいので付いた名前です。10月には綺麗に紅葉して赤い実をつける。
2005.07撮影

高山の花:ハクサンフウロ(白山風露)

IMG_2848-s.jpg

燕岳付近で見かけた。
ハクサンフウロの花は5弁で色は淡い「れんげ色」。茎の高さは30cm~50cm程。湿っぽい場所にパラパラと群生しています。登山中に見かけるとなんとなく辛さも忘れさせてくれる優しい色をした花です。
命名は石川県の白山にあったので名がついたらしい...2005.07撮影





山野草シリ-ズ「キツリフネソウ」



キツリフネソウ
(黄釣船)水辺のしめった場所を好む。
8~10月頃に紅紫色の花を咲かせ、先端はうずを巻く。熟した果実は振動、接触などの刺激で種子をはじき飛ばす。
学名のImpatiensは「こらえ性のない」という意味で、和名の「ツリフネソウ」は花の形がつり下げられた船の形に似ていることからです。
花言葉は「詩的な愛」です。このキツリフネソウは蝶ヶ岳から下山した三俣で発見♪
ただ、普通のツリフネソウは秋の野山でどこでも見られる。 2005.08撮影

高山の花(ハクサンオミナエシ)



ハクサンオミナエシは、オミナエシ科の多年草で、山地~亜高山帯の日当たりのいい岩場や岩礫地に生えています。花は黄色で、集散状に多数つきます。和名で「白山女郎花」と書く  オミナエシの高山型らしい 「種池山荘から扇沢間で撮影2005.08」

アルプスで見た花(ノリウツギ)



双六岳からの下山道、わさび小屋近くで見かけたノリウツギ...
低山でも見られる花である。日当たりの良い山野に生える落葉低木。
直径数mmの多数の小さな花の周囲には、直径1~3cm程の白い装飾花をつける。
 湿原内のあちらこちらで見られるが、小さな木が多い。
この白く美しい装飾花は、暑い葦毛にすがすがしさを与えてくれる。
和名で「糊空木」と書く、この名は、内皮に含まれる粘液をネリ液または木ネリとして、和紙製造の糊料に用いたことによる。温帯林の先駆樹種として、伐採跡地に最初に出現する種の一つである。別名サビタとも呼ぶ。

山野草の花 (クガイソウ) 和名(九蓋草,九階草)



クガイソウは、双六岳からの下山中、わさび小屋の手前で発見。
一般に見られる多年草草本で、茎は分岐をせず直立して1メートルにもなります。
葉は通常4~6枚が輪生して、これが数層になっていて、ちょうど九層ぐらいあるので、九階草(クガイソウ)と呼ばれるようになりました。
輪生する葉は、広披針形で両端が長く尖っています。葉縁は鋸歯状です。
夏、茎頂に総状花序をつけ、淡紫色の小花を多数つけます。花柄は1~3ミリで、がくは5深裂して、花冠は筒状で先が4裂しています。
花の雄ずいは2本あって花冠(かかん)より長くつき出ています。
果実はさく果で、卵状円錐形、長さ3~4ミリ、種子は長楕円形でごく小さいものです。
(花サイトより)

高山の花(クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草) )

IMG_2952s.jpg

クルマバツクバネソウ(車葉衝羽根草)は 
5月~7月、山地などのややくらい林の中で咲きます。
草丈は20~40cmくらいの多年草です。
種も出来ますが、根茎で増える植物です。

 クルマバは茎の上部に6~8枚の葉が車輪のようについていることから来ています。ツクバネの方は漢字で書くと衝羽根で、花の付き方を羽根つきの羽根にみたて、ツキハネがなまって生まれた名前だとされています。

 中心の花びらに見える黄緑の部分は、幅広の4枚がガクで、細長いのは雄しべです。花びらがあることはあるのですが、糸状なのでよほど近くで見てもほとんどわかりません。公園内でもそうひんぱんにお目にかかる植物ではありませんが、見つかればひとかたまりで咲いています
花サイトより。

蝶ヶ岳から三俣経由の下山中に見かける05.07撮影

高山の花(ユキザサ)



高山の花達、今日はユキザサ和名(雪笹)
根茎は横に這う。茎は高さ20~70cm、葉は卵状長楕円形で長さ6~15cm、両面に毛がある。
茎頂に粗い毛の多い円錐花序をつけ、白色の小さな花を多数つける。花被片は狭い長楕円形で長さ3~4㎜。
果実は液果で赤く熟す。
山地の林内に生える多年草。
和名は白色の花と笹に似た葉にもとずく

北アルプスは表銀座コ-スの蝶槍付近で見かける。

高山の花(イワベンケイ)

IMG_3163iwa-s.jpg


こんな高山にサボテンが?初めてイワベンケイを見た人がこんな印象を持つのも無理はありません。まるでサボテンのような肉厚の葉に黄緑色の小さい花がたくさん集まって咲き、その風貌は他の高山植物とは一線を画しています。
それもそのはず、ベンケイソウ科はサボテン科と同じように、暑い昼間は気孔を開かずに光合成を行うことができるCAM(Crassulacean Acid Metabolism)植物と呼ばれる特殊な能力を持つ仲間だからなのです。
雌雄異株で、雄株はまとまった花ですが、雌株には花弁がなく、受精すると子房が赤く色付きます。
写真は雄株で私はこちらのほうが美しいと思います。日本アルプスでは比較的どこででも見ることができますが、希に大きな株を作り、花全体が万華鏡のように美しいものに逢うこともあります。
和名の由来は、岩場に咲くベンケイソウの意。「ベンケイ」は切ってもなかなか枯れない強健な性質を弁慶に例えたもの。太い地下茎から岩にがっちりと根を張り逞しく育つ姿もまた、強そうな弁慶の名には相応しいと思います(花サイトより)  槍ケ岳山荘前にて撮影2005.08

高山の花(カニコウモリ)

IMG_2905ani.jpg

カニコウモリ

◆葉が翼を広げたコウモリに似ていることから命名されたコウモリソウというのがあり
カニコウモリは葉の形がカニの甲羅に似ているコウモリソウということのようだ。

◆亜高山帯のやや湿ったうす暗い針葉樹林内に生育し、しばしば群落を作る。夏山シーズンも終わりになるころが花の最盛期で、数個の小花が集合した頭花をまばらにつけ、どちらかといえば地味な印象の植物。
花サイトより   撮影2005.07北アルプス蝶槍付近にて

高山の花 モミジカラマツ



モミジカラマツ(紅葉落葉松)  キンポウゲ科  花期:夏
 高山および深山の湿り気のあるところに生える多年草です。花茎の先に散房花序の白い花をたくさんつけます。この花が落葉松の葉ににており,葉が紅葉に似ていることから和名がついています。 撮影05.07
蝶槍付近にてIMG_2506momijis.jpg

高山植物の花シリ-ズ



サンカヨウです、和名は山荷葉(さんかよう)で漢名からきたものである。
深山の林の中に生える多年草です。大きな葉が 2 枚あります。6 弁の白い花の後に,濃い青紫の液果をつけます。北アルプス表銀座コ-スの蝶槍付近で撮影
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
;;